ウレタン樹脂塗料

ウレタンの種類

外壁塗装をする時には、いくつもの種類があるので、悩む人は多くいます。そのため、基本的な知識を身につけることでどんな塗装にするのか決めることができます。
外壁塗装の中には、ウレタン樹脂塗装があります。ウレタン樹脂塗装では、外壁にしっかりと密着することで、色々な効果を期待することができます。
木やトタン、アルミ、モルタルなどに対応することができ、耐候性や耐摩耗性、硬度などが優れている塗料です。
これらの塗装をすることで、外壁の劣化を防ぐことだけでなく、いろいろなことに対応することができます。
ウレタン樹脂は、柔らかい素材なので、曲線部や細かい部分でもしっかりと塗装することが可能です。
また、いろいろな素材に塗装をすることができます。その中でも木製でできている外壁との相性がよい特徴を持っています。

ウレタン樹脂には、いくつかの種類があります。専門的な知識や作業は、専門の業者に相談することが大切ですが、簡単な知識を知っておくことで、塗装工事を検討する時に役立つことができます。
外壁塗装をする時には、水溶性のウレタン樹脂が多く使われていました。しかし、最近では、溶剤系のウレタン樹脂を使って外壁塗装をすることが多くなっています。
水溶性のウレタン樹脂は、2駅タイプといい、効果剤を混ぜて使用する塗料になります。硬化剤を入れると直ぐに固まり始めるので、固くなる前に塗装を済ませることが重要になってきます。
そのため、職人の技術が必要になってきます。しっかりとした職人を探すことが大切になります。